自動車骨格部品

当社の主力製品である自動車骨格部品は、自動車の安全性能、環境性能、操作性、室内空間の使いやすさ、デザインに大きく関わっています。
事故の際に乗員と歩行者への衝撃を軽減。低燃費のための軽量化。車を操る楽しさに資する高い剛性。使い勝手の良い広いキャビン。スタイリッシュなデザイン。
これらは、自動車に当然に求められることではありますが、当社の製品はそこに深く関わっています。当社では、企画、設計段階から顧客と共同で開発を行い、顧客から、社会から、求められる性能と品質を高いレベルで製品化しています。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

フロントバルクヘッドコンプ

フロントバルクヘッドコンプ

自動車のホワイトボディ最前部に位置し、エンジンルームを隔てる隔壁。自動車組立工場では、ラジエター、コンデンサー、ヘッドライト等が取り付けられます。フロントバルクヘッドは自動車のデザインに考慮しつつ、最近では、閉断面構造を採用し自動車全体の剛性を高めるよう設計されています。

フロントサイドフレームコンプ

フロントバルクヘッドコンプ

フロントバンパーから客室前方にわたり、エンジンを左右から挟むように配置されるフレーム。自動車搭載品のなかで最大、最重量物であるエンジンを支えながら、自動車全体の強度や剛性を高める役割を担います。衝突時には衝撃を吸収、後方に分散し、エンジンが客室内へ押し込まれないよう下に落としたり、フレーム自体が潰れたりする設計がされています。
強さと潰れやすさを一つの製品で同時に達成するため、仕様の異なる鋼材をレーザー溶接で接合。一枚の鋼材のように加工したテーラードブランク材を用いることで、生産性を向上させながら多様な形状を実現しています。

関連技術情報はこちら

リアフレームコンプ

フロントバルクヘッドコンプ

後部座席からリアバンパーまでに亘るフレーム。衝突時、客室と燃料タンクを守る高い強度と剛性が必要とされます。
居住性UPや多用なシートレイアウトのために左右のフレームの間隔を大きく広くとりながら、高剛性を確保するため、起伏に富んだ複雑な形状をしており、高い成形技術が必要とされます。

ピラーコンプ

フロントバルクヘッドコンプ

客室を支える床から天井に向かって伸びる柱。フロントウインドウから順にAピラー、Bピラー、Cピラーと呼ばれます。
かつてはルーフとドアを支えることが主な役割でしたが、現在では、それ以上に衝突安全性能を左右する部分となっています。ドア、テールゲート等の開口部を支えながら、衝突時にはそのエネルギーを分散し、客室のつぶれを防ぎ、乗員の生存スペースを確保するのです。また、高強度とあわせて視界を妨げない形状も欠かせません。
当社では、高張力鋼板よりもさらに高い強度をもつ超高張力鋼板の成形技術を用いることで、「細くて強い」ピラーを実現しています。

関連技術情報はこちら

フロントホイールハウスコンプ

フロントホイールハウスコンプ

ドーム状にタイヤを覆うホイールハウスとサスペンションダンパーを支えるダンパーベースから構成されています。路面からの力を受けるダンパーベースとその周辺では、力に耐える強度が求められ、ホイールハウスでは強度よりも軽さが求められます。

ドアビーム

ドアビーム

ドア内部に地面と平行に配置された部品。前面衝突、側面衝突から受ける衝撃に対し、即時かつ効果的にエネルギーを吸収し乗員を守ります。  
当社では、鉄パイプに独自の焼入れ加工を施すことで、強度を飛躍的に高めながら、軽量化も同時に実現しています。

関連技術情報はこちら