• HOME >> 
  • 技術力 >> 
  • デジタルエンジニアリング

デジタルエンジニアリング

製品から量産までを一貫したデータで保証

当社は、早くからデジタルエンジニアリングを導入し、これにより製品設計で作成されたデータを 開発、量産まで一貫して用いることで、各段階における品質を保証しています。

注1: 製品設計段階で作成されたソリッドデータに基づき、各種シミュレーション技術を駆使して実際の加工前にデジタル(Virtual)で保証します。
注2: 金型の精度保証や量産品に至るまでもシミュレーションデータと実物とを比較し、QCDを満足する製品作り行います。

衝突・強度・耐久シミュレーション

当社部品の剛性、強度、機能性等を製品化前に見極めるために、顧客とともに車体性能の解析をコンピューターシミュレーションで行います。
他社製品との組み合わせを含め、クルマ1台分を解析する際は顧客と共同で、当社部品のみの性能解析は当社社内でシミュレーションします。

p1
p3 p4 p5

p2
   

金型シミュレーション

さらなる軽量・高剛性化に向けて自動車メーカーで研究開発並びに採用が進むスーパーハイテン材と部品の難形状化に対して、当社では、ハイテン材登場初期段階からシミュレーションに取り組んできた先駆性とそれ以来蓄積してきた独自のノウハウを活かし作り上げたワレ・シワ判定基準を適応させたシミュレーション解析を金型設計の初期段階から実施。顧客の求めるニーズに対して的確な仕様提案を可能としています。そして、金型製作期間の短縮に対して、スプリングバック解析を行ない金型のリードタイム短縮と新型部品のスピーディな量産移行を可能にしています。

p1
ひずみ解析
p3 p4 p5
p3

p2
  解析データ画面

溶接シミュレーション

短期間で新型部品の量産を可能とするため、溶接領域でも、シミュレーションをフル活用。これまでに蓄積した技術データにより、高効率かつ高精度な生産ラインをプランニング。企画段階の検証時間短縮及び、現場での新ライン構築の工期短縮を実現しています。

p1 p1 p1

p3