金型製作

金型設計

プレス成形における品質と量産性を設計段階で保証するために、当社では、CATIA-V5を活用し三次元ソリッド設計に取り組んでいます。
ソリッドデータは類似部品に編集設計を加え、これを繰り返すことで、信頼性の高い図面に仕上げていきます。また、設計時間の短縮にも大きく貢献。
次工程の金型切削加工もソリッドデータを活用したCAMシステムによるNCデータ作成が可能となったことで自動化、無人化での切削を実現しました。

02photo09

金型設計


p3

金型の加工領域は、有人加工と無人加工を行っていますが、現在、高品質・高効率化を図るためにソリッド設計との連携による無人加工を拡大しています。
自動化のメリットを最大限生かす加工方法を日々検討し、技術の向上に努めています。

金型仕上(据付)

金型の仕上領域では、完成間近の金型を成形シミュレーション結果や製品図とで比較検証を行い、品質熟成期間を短縮しています。
プレス機への据付をスムーズかつ短期間に行うために、据付前のTry Outをメカプレスで行い、仕上がり具合を動的及び静的に確認。この段階で問題を解決することで、変化量を最小限化し、スムーズな量産移行を可能としています。

p1800t PRESS Try OUT
p1 arrow p2 arrow p3
シミュレーション結果   実パネル   実パネル解析