溶接ライン開発

生産ライン企画・設計

新型車の量産に向けて、新たな溶接ラインの企画・設計をおこなう領域です。
ここで開発された新溶接ラインは、当社グループのグローバルスタンダードとして海外拠点でも日本同様に活躍。品質や効率面でグループ全体の高位同質化を実現しています。
当社は、汎用性と生産効率を高い次元で両立出来る「次世代ライン」を常に追求し、自動車メーカーの世界戦略車開発、グローバル展開とその次を見据えた生産ライン開発を目指し続けています。

p1

溶接設備の加工・据付

p2
p3

当社グループで統一した設備仕様及び標準化された図面により短いリードタイムで溶接設備の加工、ライン構築を実現しています。
溶接シミュレーションを始めとする三次元での検証結果を活用することで設備ハードウェアの品質と機能を確かなものとしています。

新型車量産に向けて(制御プログラミング・ロボットプログラミング)

溶接設備のハードウェア製作と同時に、ソフトウェア設計も行います。
制御プログラミングとロボットプログラミングの設計をいかに早く行い完成させるかが、新型車量産準備の鍵となります。
標準化したプログラムや、溶接シミュレーション技術を活用したオフラインロボットプログラムにより、新型車量産に至る過程のリードタイム短縮を実現しています。

p3